あわび茸調理例

『信州あわび茸』を使ったお料理の一例です。アイデア次第で様々なカテゴリーのお料理に幅広くお使いいただくことができます。ぜひともお試しください。

ステーキ

①いしづきをカットしてカサの部分をソテーします。(もちろん、いしづきもたべられます)
②バターを熱し、お好みでニンニクを加えて、カサの頭の方から火を入れます。軽く押さえてまんべんなく焼きあげるのがコツです。
③両面を同様に焼き、軽く焦げ目がついたら白ワインを加えて蓋をして火をとおします。
④カットしてお好みに盛り付けます。

サラダ

①カサの部分を薄くカットします。
②サッと湯通しして氷水でしめます。
③お好み野菜とあわせて盛り付けます。(パプリカ等を加えると、いろどりが増します)

スープ

①いしづきを取り、カサの部分を薄めにカットします。玉ねぎなどお好みの野菜もカットしておきます。
②ブイヨンなどで味付けをし、溶き卵を加えてひと煮たちさせます。

炒め物

①あわび茸、パプリカを食べやすい大きさの乱切りにカットします。
②オリーブオイルを熱し、あわび茸とパプリカとしょうがを炒めます。
③さっと火が通ったら水とチキンコンソメ、塩・コショウ、醤油で味を調えます。
④片栗粉を同量の水で溶き、フライパンに溶き入れさっとかき混ぜます。